図書館サービス概論 第1回 八洲学園大学司書課程(2021年度秋期)

閲覧数1,067
ダウンロード数7
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    八洲学園大学 図書館司書コース 図書館サービス概論 2021年秋期 レポート評価A 最終成績は優でした。 このまま提出せず参考として使って下さい。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    図書館サービス概論
    公共図書館における資料提供サービス(教科書の5章),情報サービス(教科書の6章)について,片方あるいは両方のサービス内容について説明し,その意義について記述しなさい.字数は1,600字〜6,000字とする.

    公共図書館における資料提供サービスと情報サービスの内容と意義

    1.はじめに
     公共図書館は利用(館外貸出等除く)に特段制限を設けず、市民が自由に利用できる図書館である。図書館では資料自体を提供する「資料提供サービス」と、資料等に関する情報を提供する「情報サービス」を基本として利用者にサービスを行っている。市民はこれらのサービスを有効に活用することで、彼らが抱える課題や疑問を解決し、興味関心を広げ、人生をより豊かなものにできる。本レポートでは、図書館の2大サービスである上記について、網羅的に内容を概観し、その意義について考察する。

    2.資料提供サービスの内容
     図書館における資料提供サービスは、その名の通り、利用者に資料・情報を提供することである。「間接サービス」と呼ばれる、資料の収集(選書)・組織化・保存等の過程を経て、情報資源は検索・利用しやすい形で利用...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。