児童サービス論 第2回 八洲学園大学司書課程(2021年度秋期)

閲覧数974
ダウンロード数6
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    八洲学園大学 図書館司書コース 児童サービス論 2021年秋期 最終レポート評価A 最終成績は優でした。 このまま提出せず参考として使って下さい。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童サービス論 第2回レポート
    乳幼児サービス、ヤングアダルトサービス、特別な支援の必要な子どもたちへのサービスの中から一つを選択し、以下の問いに答える形でレポートをまとめて下さい。レポート全体の字数は1600〜2000字程度とするが、多少超過しても構わない。
    ・そのサービスの定義、目的及びサービスの現状をまとめて下さい(800〜1200字程度に収めること)
    ・そのサービスにおいて特に課題となっていると思うことを一つ指摘し、なぜその課題が重要だと思うのかを説明して下さい。

    レポート中で一つ以上文献(図書、雑誌記事、新聞記事、Web上の情報など)を引用することを必須条件とする。教科書の該当章で引用・参照されている文献以外を選ぶようにすること。

    ヤングアダルトサービスについての考察

    1.ヤングアダルトサービスの定義、目的および現状
    ヤングアダルトサービスとは、「おおむね12歳から18歳までの青少年利用者に対して主として公共図書館が行うサービス」(註1)とされている。大人でも子どもでもないこの年齢層の利用者が持つ個人的興味、学習課題、娯楽などの総体的要求に応えることを目的としており、具...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。