児童サービス論 第1回 八洲学園大学司書課程(2021年度秋期)

閲覧数1,566
ダウンロード数12
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    八洲学園大学 図書館司書コース 児童サービス論 2021年秋期 第1回レポート評価A 最終成績は優でした。書評が課題で、『おすしやさんにいらっしゃい!』(2022年度青少年読書感想文コンクール課題図書;小学校低学年)と『せかいでさいしょにズボンをはいた女の子』を題材に書きました。このまま提出せず参考として使って下さい。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童サービス論
    教科書p.171-172を参考にし、図書館員向けの書評を2点執筆して下さい。それぞれ400字以上800字以内とする。書評対象とした本の書誌事項(著者名、タイトル、出版者名、出版年)を必ず記載すること。
    ・書評する本(2冊)は児童資料とし、そのうち一冊は絵本を選ぶこと。レファレンス資料、紙芝居、逐次刊行物、視聴覚資料、漫画は対象外とする。
    ・既に一定の評価を受けている作品(ロングセラー作品)を改めて評価するのは初学者には困難です。なるべく避けましょう。
    ・箇条書き、5段階評価及び短いコメントのみの説明は避けて下さい。まとまった文章で書評対象とした本を評価した結果をまとめること。
    ・章立て、引用は必要ありません。
    ・書評の中で類書との比較を行った場合は、類書についても書誌事項を記載してください。

    『おすしやさんにいらっしゃい!』と『せかいでさいしょにズボンをはいた女の子』の書評

    1冊目
    おかだだいすけ文 遠藤宏写真 
    『おすしやさんにいらっしゃい! いきものがたべものになるまで』岩崎書店,2021.

    【本の概要】
     寿司職人である著者が釣った魚(キンメダイ・アナゴ・イ...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。