代表キーワード :: 法哲学

資料:10件

  • 法哲学 第一課題
  • 法と宗教、道徳、習俗は本来、多くの民族のもとで古代から密接に結びついていた。 しかし、17世紀の宗教抗争を機に、教会や教皇を市民の世俗的支配から排除し、外面的な市民行為に対し至上権を有する君主を確立しようとする近代自然法論が生まれる。自然法論により、法は外的拘束力..
  • 770 販売中 2012/06/15
  • 閲覧(1,816)
  • 法哲学レポート 2
  • 法哲学レポート 1 法と道徳 (1)法と道徳(倫理)はいかなる点において同じで、違うものか。法と道徳を巡る様々な立場を参考にしながら、自説を述べていきたい。  まず法と道徳を比較考量するためにそれぞれの定義について考えていく。法というものを簡単に定義すると、「秩序の..
  • 550 販売中 2010/08/02
  • 閲覧(3,209)
  • 法哲学レポート 3 道徳上の平等
  • 道徳上の平等について 法的・政治的・社会的・経済的平等への要求は主要な社会制度を構想することへと導かれている。それらの制度的要求とは別個に、そしてもしかしたら刺激を与えていると言えるものが、道徳上の平等である。 道徳上の平等は、各国民が平等の価値を保障されている..
  • 550 販売中 2010/08/02
  • 閲覧(1,824)
  • 法哲学レポート
  • 法と権力の法哲学的アプローチ  本稿では、法は権力や暴力との関係でいかなる存在意義があり、いかなる役割を果たしうるかを考えていきたい。  かかる関心をテーマに設定した理由は、私たちの身の回りを見渡した時、法は本当に権力や暴力を馴致しているのか、むしろ権力による法の..
  • 550 販売中 2009/12/03
  • 閲覧(3,341)
  • 還元論の問題点について
  • 「還元論の問題点について」 還元論の前提には、社会は「不特定または多数の集合体」であるという考えがある。そのために社会法益は個人法益に還元できると考えられている。この考えは個人法益がまず基礎として存在し、これを超越した社会法益も存在はするが、社会が個の集合である..
  • 550 販売中 2006/12/26
  • 閲覧(1,393)
  • 民主主義の行方
  • 宗教が悪であるということではなく、より洗練された民主主義は、宗教的な多様性をも緩やかに包含し得るのではないかということです。古代ギリシアのように宗教が民主主義に先んじるのではなく、民主主義が宗教に先んじれば多様性は保障されるのではないかと考えるわけです。もちろ..
  • 550 販売中 2005/07/13
  • 閲覧(1,167)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告