代表キーワード :: 中大通教

資料:42件

  • 2021年度 中央大学通信教育部 中大通教 哲学 第4課題 B評価
  • ヘレニズム時代における哲学には様々な学派があるが、本レポートではそのうち3つの学派について論じる。 1 まず、アテナイの広場を囲む四辺のうち、北東側に彩色柱廊(ストア・ポイキレー)があり、紀元前三世紀ごろにキティオンのゼノンがその柱廊を歩き回りながらその場で哲学の講...
  • 550 販売中 2024/03/27
  • 閲覧(146)
  • 2021年度 中央大学通信教育部 中大通教 哲学 第3課題 C評価
  • 1 すべての者が何らかの善を求める以上、究極の目的は最高善となる。人間にとって最高善とは幸福(エウダイモニア)である。アリストテレスは、人々の通年・見解を収集し、整理分類したうえで解決を見出すという仕方で議論を進め、「幸福とは最善のもっとも完全な徳(アレテー)に基...
  • 550 販売中 2024/03/27
  • 閲覧(118)
  • 2021年度 中央大学通信教育部 中大通教 哲学 第2課題 B評価
  • 1 プラトンが「イデア論」を主張するに至った動機 プラトンは、古代ギリシア最大の哲学者である。アテナイの貴族出身であったため、自らも政治家を目指し、英才教育を受けていた。彼の『第七書簡』によると、プラトンが政治の道を断念し、哲学の道に進むにあたっては、当時の惨憺...
  • 550 販売中 2024/03/27
  • 閲覧(112)
  • 2021年度 中央大学通信教育部 中大通教 哲学 第1課題 C評価
  • 1 まず、ミレトス学派の考えのどのような点がホメロスやヘシオドスらと異なり「哲学」的であったか検討する。 哲学の先駆者であったホメロスやヘシオドスという叙情詩人たちは「神話語り」と呼ばれていた。宇宙の大地、海、天空、太陽、月などの主役たちは伝統的に神々とみなされ...
  • 550 販売中 2024/03/27
  • 閲覧(127)
  • 2020年度 中大通教 中央大学通信教育部 心理学第1課題 記憶 A評価
  • まず、長期記憶とは「過去の経験や知識の貯蔵に係る記憶過程であり、日常における知識や経験を利用した活動を支えている」ものである(兵藤・緑川「心理学」94頁)。様々な種類の情報の永続的な貯蔵に関わる長期記憶は大きく、感覚・運動に対する記憶である「手続的記憶」とバランス...
  • 550 販売中 2024/03/27
  • 閲覧(128)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告