luckchanさん累積訪問者(815,956名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:287件

  • 共犯の本質
  • 共犯の本質論 共犯の本質とは、共犯が何を共同するのかという議論とされており、犯罪共同説と行為共同説がある。前者は、複数人が1 つの犯罪を共同して実現するものであると見る立場であり、後者は各人が各々の犯罪は他者を利用しつつ実現するものであると見る立場である。
  • 550 販売中 2006/08/14
  • 閲覧(1,688)
  • 中止犯のまとめ
  • 「真摯な努力」の判断について、裁判所が考慮している要素を裁判例から抽出すると、以下のようになる。 ?中止行為が行為者の意思によるものか ?第三者(医師・警察官等)に対する事情説明の有無、その内容の真偽 ?行為者の態度 ?行為者の地位(素人かどうか)、年
  • 550 販売中 2006/08/14
  • 閲覧(1,774)
  • 立法事実論と立法裁量論
  • 立法裁量論とは、法律の合憲性判断が求められたとき、裁判所が、その法律の制定にあたって行った立法府の政策判断や決定等を尊重し、法律の目的や目的達成のための手段に詮索を加えたり、独自の判断を加えることを差し控えたりする手法をいう。類型として、以下の3つを考えること..
  • 550 販売中 2006/07/04
  • 閲覧(9,491)
  • 自律的な法規範を持つ社会ないし団体の紛争に関する判例理論のまとめ
  • 判例理論としては、以下の3つを類型として挙げることができる。 まず、地方議会の議員の除名処分(地方議会の内部規律)について、判例は、「議員の身分の喪失に関する重大事項で、単なる内部規律の問題に止らない」とする。いっぽう、議員の資格(出席)停止処分については、
  • 550 販売中 2006/07/04
  • 閲覧(1,647)
  • 行政法からみる国家賠償と損失補償の谷間の問題
  • 従来、国家賠償と損失補償の谷間の問題としては、適法行為による 財産権以外の侵害という事案が問題とされていた。例えば、子どもの予防接種で「禁忌者」に予防注射をしたために、その子どもが死亡したという場合である。つまり、憲法29条3項は適法行為による「財産権」の侵害
  • 550 販売中 2006/07/04
  • 閲覧(3,450)
  • 府中青年の家事件に関する考察
  • しかしながら、もともと男女別室宿泊の原則は、・・・性的行為に及ぶ可能性を含む種々の理由から異性愛者に関する社会的な慣習として長年遵守されてきたものであり、同性愛者はもともと念頭に置かれていなかったものである。 そして、同性愛者について、この原則を適用するに際
  • 550 販売中 2006/06/07
  • 閲覧(2,802)
  • 傷害の故意
  • 1 甲がX の顔面を平手で数回殴打した行為は暴行罪( 2 0 8 条) の実行行為にあたる。もっとも、甲の行為によって、X に傷害の結果が生じている。そして、甲はけがをさせるつもりはなかったのであるから、傷害の故意を認めるこはできず、暴行の故意が認められるにと
  • 550 販売中 2006/06/07
  • 閲覧(1,580)
  • 窃盗罪と占有離脱物横領罪の区別基準
  • 窃盗罪か占有離脱物横領罪かという問題は、被害者の占有の有無、すなわち、被害者が占有を失ったかどうかの問題に帰着する。 その判断として、判例・学説は「距離・時間」という基準を立て、これらが短いといえれば、被害者の事実的支配力はなお及んでいる(窃盗罪となる)と解し
  • 550 販売中 2006/05/16
  • 閲覧(6,788)
  • 夫婦と取引した第三者の保護
  • 夫婦の日常家事に関する代理権が110条の基本権限となるかが問題となる。 まず、法定代理権が110条の「権限」に含まれるかが問題となるが、条文上何ら限定のないことから、法定代理権も任意代理権と同様に110条の「権限」に含まれると解する。しかし、761条の代理権
  • 550 販売中 2006/04/24
  • 閲覧(1,384)
  • 夫婦関係の内部的事情からみる財産関係
  • 婚姻継続中に夫の収入で得た財産は夫の特有財産である。それでは、夫の収入が妻の「内助の功」によるものであった場合にまで、夫の収入で得た財産は夫の特有財産であるといえるのか。この点、妻の内助の功を実質的に考えるのは困難であり、そもそも論証不可能な問題である。そこで..
  • 550 販売中 2006/04/24
  • 閲覧(1,524)
  •   婚姻の効果
  • 婚姻という状態はいかなる場合に発生するのかについて、以下の考え方がある。まず、事実婚主義は夫婦の実態があれば当然に法律上の婚姻の効果を認めるとする。一方、法律婚主義は婚姻の効果は法的手続が必要であり、それがなければ法的効果を享受することはできないとする。婚姻は..
  • 550 販売中 2006/04/24
  • 閲覧(1,998)
  •    財産分与
  • 1.制度の意義  財産分与とは婚姻生活中に夫婦で共に協力し、築き上げた財産を離婚時に精算し分け合う制度である。財産分与は慰謝料と異なり、離婚原因がどちらにあったとしても請求することができる。 財産分与には以下のような性質がある。 第一に、清算面として、婚
  • 550 販売中 2006/04/24
  • 閲覧(1,482)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?