【教育実習事前レポート】教師に求められる力量、教育実習で学びたいこと

閲覧数6,913
ダウンロード数41
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    ≪課題1≫
    教師に求められる力量として、「強い情熱」「確かな力量」「総合的な人間力」が挙げられます。そこで、①これら3点について自己分析しなさい。そのうえで、②教育実習で学びたいことを2点挙げて論じなさい。

    <担当教授からのコメント>
    読み手に伝えたい内容がストレートに入ってくる、読みやすくわかりやすいレポートになっている。
    自分の経歴を織り込みつつも、教職に軸足をしっかり置いていることから、書き手の本気度が良く伝わってくる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ①第一に、「教職に対する強い情熱」とは、教師の仕事に使命感や誇りを持ち、子どもたちに対して愛情や責任感を持つこと、そして、常に学び続ける向上心を持つことである。塾講師時代に行った生徒とその親との三者面談では、私にとって「担当生徒の一人」であっても親にとっては唯一無二の我が子であると改めて気付き、講師として生徒を預かることは、その生徒の人生を預かることであると実感した。その経験から、生徒一人ひとりに適した指導を行うため、生徒の能力や特性に応じた指導方法を工夫したり、自己の専門性を高めるために英会話教室へ通ったりした。今後も、子どもたちの人生を預かる立場としての教職に誇りを持ち、常に学ぶ姿勢を持..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。