【日大通信】2019~2022年度 国文学史Ⅱ 分冊1

閲覧数938
ダウンロード数6
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    2019~2022年度 国文学史Ⅱ 分冊1 合格レポート です。
    丸写しは控え、参考程度にお使いください。

    文学的近代の成立について述べ,代表的な作家とその作品について解説せよ。
    〈ポイント〉
    ・日本の自然主義文学と言文一致体の関係
    ・島崎藤村と田山花袋の作品の特徴
    ・反自然主義とは何か
    ・雑誌・新聞メディアとの関係
    ・私小説の系譜(大正期まで視野に入れること)
    〈キーワード〉
    ・「個」と「私」
    ・夏目漱石・森鴎外
    ・白樺派・新感覚派
    ・『早稲田文学』『スバル』『新思潮』
    〈参考文献〉
     『日本近代文学大事典(全6巻)』,『岩波講座 日本文学史』第12 巻(岩波書店,
    1996 年)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国文学史Ⅱ 分冊 1
    文学的近代の成立について述べ,代表的な作家とその作品について解説せよ
    〈ポイント〉
    ・日本の自然主義文学と言文一致体の関係
    ・島崎藤村と田山花袋の作品の特徴
    ・反自然主義とは何か
    ・ 雑誌・新聞メディアとの関係
    ・私小説の系譜(大正期まで視野に入れること)
    〈キーワード〉
    ・「個」と「私」
    ・夏目漱石・森鴎外
    ・白樺派・新感覚派
    ・『早稲田文学』『スバル』『新思潮』
    〈参考文献〉
    『日本近代文学大事典(全6巻)』,『岩波講座 日本文学史』第 12 巻(岩波書店,
    1996 年)
    明治維新後、西洋の思想や文化を取り入れる文明開化が推進され、文学において言文一致運動がおこった。
    日本語の書き言葉は、それまで重きをおかれていた漢文の伝統から切り離され、明治中期には現代の日本語
    の書き言葉に直接連なる文体が確立した。第二次世界大戦の敗北の後、日本語の表記は全国規模のメディア
    の発達によって、現代仮名遣い・新字体化という改革が行われた。
    夏目漱石は大正 3 年に『私の個人主義』という講演を行い、個人主義に「一種の淋しさ」を禁じえないとい
    う..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。