酵母菌の固定化と二酸化炭素発生量から求めるエタノール量の測定

閲覧数118
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    <概要>
     アルギン酸ナトリウムを用いて固定化酵母を作り、糖類の発酵性について調べる。
     また、固定化酵母により糖類のアルコール発酵を行い、発生した二酸化炭素量からアルコ
    ール(エタノール)の量を推測する。

    タグ

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [目的] 
    アルギン酸ナトリウムを用いて固定化酵母を作り、糖類の発酵性について調べる。 
    また、固定化酵母により糖類のアルコール発酵を行い、発生した二酸化炭素量からアルコール(エタノール)の量を推測する。

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。