授業研究(総合学習を含む)「確かな学力を育てる授業の確立のために必要となる、いくつかの事項について具体的に考察せよ」(A

閲覧数81
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 9ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【概要】
    2020年度 東京福祉大学 4160 授業研究(総合学習を含む)のA判定レポートです。

    【レポート設題】
    確かな学力を育てる授業の確立のために必要となる、いくつかの事項について具体的に考察せよ。

    【分量】
    3071字(指定レポート用紙8枚)+参考文献

    【評価担当教員からの所見(一部抜粋)】
    冒頭で「確かな学力」の定義をしっかりおさえ、そのための授業づくりを子ども理解、教材研究、指導技術の視点で、それぞれの重要事項について、具体例を示しながら、分りやすく述べられているため、理解を伴って一気に読み進めることのできる優れたレポートです。

    レポート作成の参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「 確 か な 学 力 を 育 て る 授 業 の 確 立 の た め に 必
    要 と な る 、 い く つ か の 事 項 に つ い て 具 体 的 に
    考 察 せ よ 」
    1 . 確 か な 学 力 と は
    小 学 校 学 習 指 導 要 領 第 1 章 「 第 1 の 2 の ( 1 )
    確 か な 学 力 」 に 、「 基 礎 的 ・ 基 本 的 な 知 識 及 び
    技 能 を 確 実 に 習 得 さ せ 、 こ れ ら を 活 用 し て 課
    題 を 解 決 す る た め に 必 要 な 思 考 力 、 判 断 力 、
    表 現 力 等 を 育 む と と も に 、 主 体 的 に 学 習 に 取
    り 組 む 態 度 を 養 い 、 個 性 を 生 か し 多 様 な 人 々
    と の 協 働 を 促 す 教 育 の 充 実 に 努 め る こ と 」 と
    書 か れ て い る 。 つ ま り 、 「 確 か な 学 力 」 と は 、
    基 礎 的 ・ 基 本 的 な 「 知 識 ・ 技 能 」 に 加 え 、 こ
    れ か ら の 子 ど も た ち に 必 要 な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。