相談援助の理論と方法2_アウトリーチの重要性

閲覧数168
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    相談援助の理論と方法2
    課題「近年の地域を基盤としたソーシャルワーク実践の必要性の高まりの中で、アウトリーチが重要視されている理由について述べなさい」

    90点のA評価をいただいております。
    内容を全て引用するのはお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談援助の理論と方法2
    近年の地域を基盤としたソーシャルワーク実践の必要性の高まりの中で、
    アウトリーチが重要視されている理由について述べなさい
    【はじめに】
    「アウトリーチ」とは直訳すると「外に手を伸ばす」ことを意味し、福祉分野において
    は「支援が必要であるにも関わらず、届いていない人々に対し、行政や支援機関などが積
    極的に働きかけて情報・支援を届けるプロセス」のことを指す。
    加えて、狭義のアウトリーチとは「客観的に見て援助が必要と判断される問題を抱え、
    社会的に不適応の状態にありながら、自発的に援助を求めようとしない対象者に対して援
    助機関者側から積極的働きかけ、その障害を確認し、援助を確認するように動機付け、問
    題解決を促進する技法、その視点のこと」とあるとし、広義には①ニーズの掘り起こし②
    情報提供③サービス提供④地域づくりとされている。
    【課題】
    これまでのソーシャルワーク実践、とりわけ制度を活用した援助は「申請主義」による
    傾向が強く、本人や周囲から訴えを受けて援助者が動き出すメカニズムとなっていた。
    その結果、深刻な状態に陥ってから把握されることも多く、そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。