精神保健福祉の理論と相談援助の展開4

閲覧数1,482
ダウンロード数8
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    精神保健福祉士養成校のレポートです。課題「リカバリーについてまとめ、リカバリーのための支援を行う上で、精神保健福祉士ができることは何があるのか」1000文字~1200文字でまとめなさい。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目
    精神保健福祉の理論と相談援助の展開

    課題
    リカバリーについてまとめ、リカバリーのための支援を行う上で、精神保健福祉士ができることは何があるのか、1000文字~1200文字でまとめなさい。

     リカバリーとは、「人々が生活や仕事、学ぶこと、そして地域社会に参加できるようになる過程であり、またある個人にとってはリカバリーとは障害があっても充実し生産的な生活を送ることができる能力であり、他の個人にとっては症状の減少や緩和である」と定義されている
    リカバリー概念は1930年代にアメリカのAAセルフヘルプ活動に端を発した。その後、欧米における1960・70年代の脱施設化や当事者運動の中で徐々に発展し、エンパワーメント、ソーシャルサポートの概念とともに、1990年代以降わが国でも広まってきている。21世紀には欧米を中心に徐々に国際的に広がり2010年代ではリカバリームーブメントとして精神障害者支援における世界的な潮流となっている。ボストン大学リハビリテーションセンター発行した「サイコソーシャルジャーナル」では「リカバリーはその人の態度や価値観、感情、目標、技術、役割などを変えていく極めて個...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。