中央大学法学部通信教育課程「法適用の段階についてしかるべき事例を取り上げて論じなさい」

閲覧数109
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    中央大学法学部通信教育課程法学部の法学の課題で出されたものです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中央大学法学部通信教育課程 法学
    【第4課題 法適用

    段階
    についてしかるべき
    事例




    げて

    じなさい】
     法
    は、
    原則
    として
    一般的・抽象的

    規範
    であるから、その
    効果

    実現
    するために、
    具体的事実


    てはめて
    運用
    しなければならない。
     法

    適用
    は、
    事実

    認定



    解釈
    という2つの
    段階




    われる。
     まず
    第1
    に、
    事実

    認定
    とは、
    生活関係
    において

    じた
    具体的事実

    確定
    することである。
    第2



    解釈
    とは、
    確定
    された
    具体的事実


    てはめるべき


    見出
    し、
    具体的妥当性




    的判断



    手続
    きのことである。
     刑法第199条




    げると、


    死亡
    という
    結果
    において、
    実際

    傷害
    によって
    死亡
    するに
    いたったのではないかどうか(
    刑法
    205
    条)、犯人

    過失
    によるものかどうか(
    刑法
    210
    条)
    などの

    について
    検討
    し、こうした
    場合

    該当
    しないときに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。