【日大通信】経済地理学2/経済地理2 合格リポート 令和5~6年

閲覧数326
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    日大通信 経済地理学 2(R32600)/経済地理 2(S32200)令和 5~6 年 合格リポートです。丸写しは厳禁です。リポート作成の参考程度にとどめて下さい。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日大通信経済地理学2(R32600)/経済地理2(S32200)令和5~6年合格リポートです。
    丸写しは厳禁です。リポート作成の参考程度にとどめて下さい。

    【課題】日本企業の多国籍企業化の特徴について、欧米企業との相違点に留意しながら説明しなさい。
    〈ポイント〉日本企業は,大企業から中小企業まで有利な立地条件を求めて、海外に生産拠点を設けている。日本企業の海外直接投資活動には時代的な発展段階があり、欧米企業とは違う海外拠点立地パターンと立地適応を示しながら、関係する一連の企業活動から次第に多国籍企業化し、さらに進化しグローバル企業化している。こうした多国籍企業としての立地展開について、地理学のもつ時間と空間の科学を鑑み、過程(いつ)、場所(どこで)と要因(なぜ)に留意し、読者へ正確に伝わるよう分かり易い文章でまとめてください。
    また、原稿用紙を用いた短いレポートですから、小見出しや箇条書きを避けて、紙面をフルに使い楷書にてまとめてください。
    〈キーワード〉海外直接投資、グローバル化、多国籍企業化、立地適応

    戦後における日本企業の海外直接投資が1951年から始まり多国籍企業化の前兆と...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。