【日大通信】日本経済論1 合格リポート 令和5~6年

閲覧数221
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    日大通信 日本経済論1(R31000)令和5~6年 合格リポートです。丸写しは厳禁です。リポート作成の参考程度にとどめて下さい。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日大通信日本経済論1(R31000)令和5~6年(新教材)合格レポートです。
    丸写しは厳禁です。リポート作成の参考程度にとどめて下さい。

    【課題】日本の財政の現状・問題点と財政の持続的可能性について述べなさい。

    〈ポイント〉日本の粗債務残高のGDP比は,先進国の中で最も高い水準にある。政府は国と地方の基礎的財政収支を黒字化させ,債務残高の名目GDP比を低下させようとしている。だが,基礎的財政収支が黒字化しても,利子率が名目経済成長率を上回れば債務残高の名目GDP比は上昇することになる。課題では、日本の財政の現状がどうなのか,問題点は何か,財政を持続可能性なものにしていくにはどうしたらよいかをまとめる。
    〈キーワード〉社会保障支出の増大,財政再建,基礎的財政収支(プライマリーバランス),
    財政の持続可能性(記述にあたってキーワードを含めたものにすること)

    日本の財政収支は1980年代後半からバブル期までは黒字であったが、バブル崩壊後は景気が低迷して税収が伸び悩んだこと等により赤字となった。2000年代に入ると景気が好転したことや財政再建により一旦は赤字幅が縮小したものの、2008年...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。