(2024年合格)明星大学 文化人類学A【WJ1092】 1.2単位目 合格レポート

閲覧数76
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 
    「WJ1092 文化人類学A」(2019年度~)の
    合格レポートの1単位目と2単位目のセットになります。

    【課題】1単位目
    文化人類学の方法と視点について説明し、これに関する自らの見解を述べなさい。
    自らの見解を述べた部分には、【 】で括ること。
    【課題】2単位目
    人類の生活様式の多様性について具体例をあげて説明し、これに関する自らの見解を述べなさい。
    自らの見解を述べた部分には、【 】で括ること。

    ※丸写しはせず、あくまで参考としてご活用下さい。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 合格レポート
    文化人類学A(WJ1092) 1単位目
    **
    (問題)2019-2022年度

    1単位目
    文化人類学の方法と視点について説明し、これに関する自らの見解を述べなさい。
    自らの見解を述べた部分には、【 】で括ること。

    2単位目
    人類の生活様式の多様性について具体例をあげて説明し、これに関する自らの見解を述べなさい。
    自らの見解を述べた部分には、【 】で括ること。

    **

    文化人類学の方法と視点について説明し、これに関する自らの見解を述べなさい。
    自らの見解を述べた部分には、【 】で括ること。

     文化人類学とは、いわば人間、人類をめぐる多様な情報を整理し、一つの知の体系として提示していくもので、人類に関するあらゆる情報をその研究対象としているが、それをただ個別にあつかうのではなく、統一的な見方でとらえようとする、そこに学問の理論的な基盤がある。
     多様な情報を整理する際、まず人間に関係する現象を大きくわけて、人間の生物的側面をあつかう分野と、文化的側面をあつかう分野に大別できる。また別に、人間現象をその時間軸にそって歴史的あるいは進化論的に研究する分野と、科学的...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。