日大通信 中小企業論 課題2 令和5年~令和6年 合格リポート

閲覧数74
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    令和5年度~令和6年度(2023~2024)のリポート課題です。
    丸写しは控え、課題作成の参考にご使用ください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中小企業論(科目コードS32700)課題2

    日本における産業集積について、検討しなさい。

    〈ポイント〉日本における地方圏の産業集積、大都市圏の産業集積について、理解する。産業集積の地域経済における役割について、理解する。産業の空洞化、中小企業の海外投資について理解する。
    〈キーワード〉産業の空洞化、産業集積、中小企業の海外投資

     
    中小企業白書2006年版第4章第1節では、産業集積を「地理的に接近した特定の地域内に多数の企業が立地するとともに、各企業が受発注取引や情報交流、連携等の企業間関係を生じている状態のこと」と定義している。つまり産業集積とは、比較的狭い地域に複数の関連企業が地理的に集積し、一つの産業構造を形成している状態をいう。製造業の場合、製品が市場に送られるまでの間に、設計、材料の調達、組み立て、梱包、輸送と多くのプロセスを経るが、これらの工程のそれぞれに専門的な技術や設備が必要であることは言うまでもない。そのため、大企業に比べ金銭的・人的資本に限界のある中小企業にとって、産業集積は重要な基盤の一つである。本稿では、日本における産業集積について説明し、今後の課題につい...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。