日大通信 広告論 課題2 令和5年~令和6年 合格リポート

閲覧数57
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    令和5年度~令和6年度(2023~2024)のリポート課題です。
    丸写しは控え、課題作成の参考にご使用ください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    広告論(科目コード:S30900)課題2

     昨今、各商品におけるコモディティ化の到来を防ぐために、経験価値をいかにマネジメントしていくかが、企業にとっては重要な鍵となっている。この経験価値を消費者に提供するためのプロモーションの手法を事例と共に論述せよ。

    〈ポイント〉まずは、第4の経済価値である経験価値の意味、及び、経験価値と4つのEの関係性をテキストによって理解してください。次に、総称ブランドの活用方法をテキストで確認してください。その上で、他の参考文献やインターネット情報を活用したり、自分自身の生活や消費者行動で経験・体験したことを元に適切な事例を検討して論述してください。

    商品が消費者ニーズに適合して市場に浸透し、内容が規格化・標準化されると、高付加価値であった商品は一般化されて市場価値が低下し、価格の安さを基準として商品が選択されるようになる。これをコモディティ化という。現在、有形・無形にかかわらず、あらゆる産業の中でコモディティ化が起きている。こうした商品は一定の需要を見込めるが、低価格競争が余儀なくされ、ブランド戦略が必要となる。
    パイン(B.J.Pine)とギルモア...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。