日大通信 広告論 課題1 令和5年~令和6年 合格リポート

閲覧数52
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    令和5年度~令和6年度(2023~2024)のリポート課題です。
    丸写しは控え、課題作成の参考にご使用ください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    広告論(科目コード:S30900)課題1

    消費者への広告・プロモーションの訴求方法を検討する場合、当該商品を有形・無形の両側面から分類することに加えて、商品属性の観点においても分類することが必要である。その理由を事例を用いて説明せよ。

    〈ポイント〉まずは、製品とサービスの特徴、及び商品の有形要素と無形要素の関係性をテキストによって理解してください。その上で、他の参考文献やインターネット情報を活用したり、自分自身の生活や消費者行動で経験・体験したことを元に適切な事例を見つけて説明してください。

    我々がサービスを購入するとき、その品質を事前に正確に把握することは困難である。製品は購入前に見たり触れたりできるが、サービスは実際に体験してみないと評価できないからである。しかし、サービスには形のある要素も同時に存在していて、それを手がかりに事前情報の収集が可能なこともある。そこで本稿では、商品の分類方法を示した上で、企業がマーケティングを遂行する上での商品分類の必要性を述べる。
    商品は、有形の製品と無形のサービスに分類される。製品は、ペン、衣料品、家具や車などの手で触れることができる形態を...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。