日大通信 交通論 課題2 令和5年~令和6年 合格リポート

閲覧数31
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    令和5年度~令和6年度(2023~2024)のリポート課題です。
    丸写しは控え、課題作成の参考にご使用ください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    交通論(科目コードS30700)課題2

    21世紀は観光の世紀と言われて久しい。世界観光機関(UNWTO)は、2030年には、海外旅行者数が18億人を超えると予想している。同時に、海外旅行者数の増加に伴い、航空旅客輸送量も増加している。その様な中、LCC(格安航空会社)の進展もあり、航空会社間での競争が激化している。FSC(大手航空会社)はアライアンス(航空連合)を行うなどネットワークの充実化を図り、顧客の利便性を向上させている。さらに、アライアンスを越えた提携であるジョイントベンチャー(共同事業)も増加している。そこで、今後アライアンス(航空連合)やジョイントベンチャー(共同事業)がどの様になっていくか、事例を交えて論じなさい。

    〈ポイント〉1.アライアンス 2.LCC 3.ジョイントベンチャー
    〈キーワード〉ワンワールド、スターアライアンス、スカイチーム、LCC、コードシェア


     2019年冬に発生した新型コロナウイルスの流行により、観光業界は過去最大の打撃を受けた。しかし、国連世界観光機関(UNWTO)が刊行する世界観光指標によると、国際観光は回復が加速し、2022年末までに...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。