日大通信 交通論 課題1 令和5年~令和6年 合格リポート

閲覧数36
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    令和5年度~令和6年度(2023~2024)のリポート課題です。
    丸写しは控え、課題作成の参考にご使用ください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    交通論(科目コードS30700)課題1

     ロジスティクスが「企業最後のフロンティア」や「暗黒大陸」といわれてから久しい。単なる「物流=コスト」という発想から、消費者ニーズの多様化もあり、多くの企業が企業戦略の中でロジスティクスの重要性を認めている。成功しているグローバル企業を事例に、どの様なロジスティクス戦略が展開されているのか論じなさい。

    〈ポイント〉物流費を単なるコストと考えるのか、プロフィットセンターと捉え販売戦略とロジスティクス戦略を一体と考えるのか。
    〈キーワード〉 ロジスティクス、アマゾン、航空輸送、技術革新(AI,ドローン),顧客利便性


    「ロジスティクス」は、日本の国家規格であるJIS物流用語において「物流の諸機能を高度化し、調達、生産、販売、回収などの分野を統合して、需要と供給の適正化をはかるとともに顧客満足を向上させ、あわせて環境保全及び安全対策をはじめ社会的課題への対応をめざす戦略的な経営管理」と定義されている。つまりロジスティクスとは、環境保全や安全対策を講じながら、調達から販売までを総合的に管理するとともに、物流全体の効率化と顧客の満足を追求することであ...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。