日大通信 保険総論 課題2 令和5年~令和6年 合格リポート

閲覧数44
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    令和5年度~令和6年度(2023~2024)のリポート課題です。
    丸写しは控え、課題作成の参考にご使用ください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保険総論(科目コード:S30600)課題2

    3つの社会保険(年金,医療または介護)から1つ選び、行政が発行する白書(厚生労働白書など)を参考に現状を分析し、今後の課題を考察してから、民間保険の果たすべき役割や課題について論じなさい。

    〈ポイント〉少子高齢化が進む日本社会において、社会保険(年金、医療または介護から1つ選択)制度の現状や課題を学習し、論考する。ただし、最近の制度の概要等については参考文献や政府・省庁のウェブサイト等で調べる。あわせて、公私の役割分担の観点から民間保険の果たすべき役割や課題について考察する。


    社会保障は、「国民の生活の安定が損なわれた場合に、国民に健やかで安心できる生活を保障することを目的として、公的責任で生活を支える給付を行うもの(平成11年版厚生白書)」と定義されており、社会保険、社会福祉、公的扶助、保健医療・公衆衛生の4つからなる。
    社会保険には、公的年金保険、公的医療保険、公的介護保険の3つがある。公的年金保険は、20歳以上60歳未満で日本に住所のある者に加入義務があり、働ける人が保険料を納め、高齢や障害等で働けない人や親を亡くした子どもに年...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。