日大通信 商学総論 課題2 令和5年~令和6年 合格リポート

閲覧数37
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    令和5年度~令和6年度(2023~2024)のリポート課題です。
    丸写しは控え、課題作成の参考にご使用ください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商学総論(科目コード:S20100)課題2

    商店街の概念について論述しなさい。また,商店街の現状や課題についても検討しなさい。

    〈ポイント〉
     商店街とは何かについて理解し、整理する。また、現在の商店街が抱える課題や展望について具体的な事例などを踏まえながら検討する。
    〈キーワード〉
     衰退、空き店舗、地域活性化


    商店街とは、小売商店が寄り集まった購買の場を指す。中小企業庁の「商店街実態調査報告書」によれば、商店街は「①小売業、サービス業等を営む者の店舗等が主体となって街区を形成し、②これらが何らかの組織(例えば○○商店街振興組合、○○商店会等で法人格の有無およびその種類を問わない。)を形成しているもの」と定義されている(2021年度版)。すなわち商店街とは、一定の空間で形成された商店の集積する空間概念と、そこで形成される人為的な組織概念をあわせ持つ。一つの街区に商業集積地区が形成されているように見えても、実際には複数の商店会が存在しており、地域商業者の相互扶助を目的に組織化されているのである。
    商店街が空間と組織の概念を持って広まったのは、1920~30年代にかけてのことであ...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。