日大通信 金融機関論 課題1 令和5年~令和6年 合格リポート

閲覧数56
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    令和5年度~令和6年度(2023~2024)のリポート課題です。
    丸写しは控え、課題作成の参考にご使用ください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    金融機関論(科目コード:S311S0)課題1

    第二次世界大戦後の日本の金融システムにおける変遷(変化)を説明しなさい。

    〈ポイント〉
     金融システムは時代とともに変化しています。第二次大戦後から高度経済成長期の特徴として護送船団方式や競争制限的規制,間接金融優位などがあります。その後、金融の自由化を経て日本版ビックバンとなりますが、その変遷や変化の理由や、時代背景なども含めて具体的に説明しましょう。
    _____________________________________________________________________________

    金融システムは、戦後から現在に至るまで、日本を取り巻く環境や時代とともに変化してきた。本稿では、第二次世界大戦後から日本版ビッグバンに至るまでの変遷を、経緯や時代背景を含めて説明する。
    1.1940年代後半~1970年代前半まで
    戦後経済の再建を図ると同時に、厳しい金利規制や縦割りの業態別業務規制によって大きな経済成長を遂げた時代である。経済の再建と発展には、盤石な金融システムの構築が急務であるため、政府は金融を徹底的に監視し、数...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。