(2024年合格)明星大学 教育心理学【PA2030】 1.2単位目 合格レポート

閲覧数79
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 
    「教育心理学、PA2030」(2017年度~)の
    合格レポートの1単位目と2単位目のセットになります。


    ※丸写しはせず、あくまで参考としてご活用下さい

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 合格レポート
    教育心理学(PA2030) 1 単位目
    (問題)2017年度~
    1単位目
    ピアジェの発達論にもとづいて、子どもの思考の発達について述べなさい。
    2単位目
    学習意欲(動機づけ)を支えるメカニズムに関する様々な理論に基づき、児童生徒の学習意欲を向上させるため
    の教育実践の在り方について述べなさい。
    **
    ピアジェの発達論にもとづいて、子どもの思考の発達について述べなさい。
    ピアジェは、子どもが生まれてから自分を取り巻く世界をどのように理解していくのかについて操作という観
    点から理論化した。ピアジェは、個人は周りの世界を理解するシェマと呼ばれる認識の枠組みを持っており、そ
    のシェマを、同化と調節という2つの働きによってつくり替えていくことが、認識の発達であると考えた。ピア
    ジェは、こうした認識の発達について、生後まもない時期から大人のように論理的な思考ができるようになるま
    での段階を、感覚運動期、前操作期、具体的操作期、形式的操作期の4つに区分した認知発達段階理論を提唱し
    ている。
    誕生から 2 歳頃までの感覚運動期では、自分の感覚や運動能力を使っ...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。