(2024年合格)明星大学 数学科教育法4【PF3070】 2単位目 合格レポート

閲覧数55
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    [講評付]明星大学通信教育学部 数学科教育法4(2023年度~) 2単位目のレポートです

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 合格レポート
    数学科教育法4(PF3070) 2単位目


    (問題)2023年度~
    数学Aの「数学と人間の活動」における授業の学習指導案を作成し、その際、数学史的な話題や数理的なゲームやパズルを取り上げ、
    生徒が数学と文化の人間との関わりについて認識を深めたり、パズルなどに数学的な要素を見いだして考察したりするような授業を構想するようにしなさい。

    数学科学習指導案


    1 単元名
    「場合の数と確率」

    2 単元の目標
    場合の数を求めるときの基本的な考え方や確率ついての理解を深めるとともに、それらを事象の考察に活用できるようにする。

    3 単元の評価規準

    知識・技能 思考力・判断力・表現力 主体的に学習に取り組む態度
    ① 確率の意味、思考や事象の定義を理解している。
    ② 試行の結果を事象として表すことができる。
    ③ 条件付き確率の意味を理解し、確率を求めることができる。 ① 確率の性質や法則に注目し多面的に考察することができる。
    ② 確率の性質に基づいて事象の起こりやすさを判断したり、意思決定に活用したりすることができる。 ① 事象を確立の考えに基づいて考察する数学のよさを...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。