(2024年合格)明星大学 法学B【WE1022】 2単位目 合格レポート

閲覧数63
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    講評付き
    なかなか合格できない方に参考になればと思います
    ※丸写しはせず、あくまで参考としてご活用下さい。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 合格レポート
    法学B(WE1022) 2単位目

    (問題)2019年度~2023年度
    日本国憲法における法の下の平等について判例を挙げて説明しなさい。
    **


    **
    日本国憲法における法の下の平等について判例を挙げて説明しなさい。

     『平等の観念は、自由とならび、近代市民革命の旗印とされ・・・、生まれによって人を差別する封建的身分制を否定するものであり、人はみなその価値において等しい存在であるという人間平等の思想に立脚するものである』(浦部・憲法学教室101頁)憲法は14条第1項で一般的平等原則と憲法による一定の差別禁止事由とを規定することによって、その平等の観念を憲法規範化している。
     最高裁は、平等原則の法律に対する裁判規範性を前提に、町長によって年齢を一つの基準としてなされた地方公務員に対する待命処分の違憲性が争われた1964年の大法廷判決で、次のように例示した。「憲法14条1項に「列挙された事由は例示的なもの」であって、また、それは国民に対し絶対的な平等を保障したものではなく、差別すべき合理的な理由なくして差別することを禁止している趣旨と解すべきであるから、事柄の...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。