(2024年合格)明星大学 法学B【WE1022】 1単位目 合格レポート

閲覧数55
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    講評付き
    なかなか合格できない方に参考になればと思います
    ※丸写しはせず、あくまで参考としてご活用下さい。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 合格レポート
    法学B(WE1022) 1単位目

    (問題)2019年度~2023年度
    日本国憲法における平和主義について説明しなさい。
    **
    **
    日本国憲法における平和主義について説明しなさい。

     政府の日本国憲法第9条の解釈の基本は、次の2点である。「①自衛隊は,外国から武力攻撃を受けた場合に、これを排除して国民を守るための必要最小限度の実力組織であるから、9条2項で持たないとされている「戦力」には当たらない。②したがって,自衛隊が実力を行使できるのは、我が国が武力攻撃を受けた場合に限られ、集団的自衛権などに基づいて海外で武力の行使をすることは許されない。」
    この2点を前提とし、政府は、自衛隊の武力行使が許されるのは、次の3要件を満たす場合のみに限られるとした。「①我が国に対する急迫不正の侵害があること,すなわち武力攻撃が発生したこと②これを排除するために他の適当な手段がないこと③必要最小限度の実力行使にとどまるべきこと」
     自衛権発動の3要件とよばれてきたこれらの要件のうち、最も重要であり実際に武力行使の歯止めとして機能すると考えられてきたのは、我が国が武力攻撃を受け...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。