(2024年合格)明星大学 法学A【WE1012】 1単位目 合格レポート

閲覧数55
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    講評付き
    なかなか合格できない方に参考になればと思います
    ※丸写しはせず、あくまで参考としてご活用下さい。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 合格レポート
    法学A(WE1012) 1単位目

    (問題)2019年度~2023年度
    成文法と不文法について説明しなさい。
    **

    **
    成文法と不文法について説明しなさい。

     法とは強制力を持つ社会規範のことで、自然法と実定法に分けられる。自然法とは、自然の定めより存在している道徳などで、実定法とは人が作った法のことである。そしてこの実定法が今回の課題である「成文法」と「不文法」に分けることができる。
     「成文法」とは抽象的な文章の形で規定されているのに対し、「不文法」とは文章で成立していない法で、これまでの慣習であったり、判例により認められる法規範である。
     成文法は、国内法と国際法に分けられ、さらに国内法においては、国家と国民の関係を規律するもので国家権力の発動に関わる①公法、国民同士の関係を規律する②私法、国家が私法の領域に関することや福祉・平等の観点から干渉し、調整する③社会法、④命令、⑤地方自主法、国際法では条約がぶらさがる形となる。
     成文法は、法律が作られてから年数がたつと時代と現実社会との間に齟齬が生じることがあり、解釈の必要性が生じてくる。成文法の解釈の...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。