(2024年合格)明星大学 道徳の理論と指導法【PA3110】 1.2単位目 合格レポート

閲覧数96
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    講評付きの1,2単位目 お得なセットになります
    なかなか合格できない方に参考になればと思います

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.学習指導要領における道徳教育の考え方について説明せよ。
     学習指導要領解説「総則編」の中で、「学校における道徳教育は,特別の教科である道徳を要(かなめ)として学校の教育活動全体を通じて行うものであり,道徳科はもとより,各教科,総合的な学習の時間及び特別活動のそれぞれの特質に応じて,児童の発達の段階を考慮して,適切な指導を行わなければならない。」としているため、道徳教育の全体計画が必要となる。要とは扇や扇子の中心でそれぞれを束ねるもので、国語・理科・社会科などどの教科、時間であっても、学校におけるすべての「場面」で道徳教育を行うということを表している。
     道徳は「教育改革国民会議」、「道徳教育の充実に関する懇談会」などを経て、小学校では2018年度から、中学校では2019年度から道徳が教科化、「特別の教科道徳」とされている。教科化した理由として、戦前の修身科に大きく影響され道徳を長い間忌避する傾向が日本の学校にあり、学習指導要領に位置づけられていたものの、教師の恣意や団体の意向によって授業しないことが黙認されていたという背景がある。もう一つの理由としては、道徳授業を積み重ね、子どもた...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。