日大通信 観光事業論 課題2 令和5年~令和6年 合格リポート

閲覧数59
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    令和5年度~令和6年度(2023~2024)のリポート課題です。
    丸写しは控え、課題作成の参考にご使用ください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    観光事業論(科目コードS32000)課題2

     観光事業者の観光者に対する役割について、公的観光事業者と私的観光事業者の観点から論述しなさい。

    〈ポイント〉
     観光関連事業者には公的および私的の観光事業者が存在する。
    公的観光事業者は行政および政策におけるリーダーシップを発揮することが求められる。
    私的観光事業者は交通・宿泊・施設・手配など、様々な場面で観光客のニーズに応える使命を持っている。
    観光客が求め期待する場面を支援し、観光客の課題解決役を担うなど、それぞれの役割について果たしていくことが求められる。
    〈キーワード〉サービス・ホスピタリティ、観光関連施設、公的・私的観光産業
    ______________________________________________________________________________

     バブル経済の崩壊を機に、日本は歴史的な低成長の時代に突入した。企業の国際競争力が低下し、新卒者が正規雇用を得られない状況が拡大するなどして、消費者の価格志向が顕著になった。この傾向は、日本人の観光に対する価値観や消費行動の変化にも影響を及ぼした。...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。