日大通信 保険総論 課題1 令和5年~令和6年 合格リポート

閲覧数42
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    令和5年度~令和6年度(2023~2024)のリポート課題です。
    丸写しは控え、課題作成の参考にご使用ください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保険総論(科目コード:S30600)課題1

    保険の原理・原則を説明し、次に保険市場に負の影響を及ぼす逆選択とモラルハザードについて具体例をあげて解説した後、それらの問題についての対策をまとめなさい。

    〈ポイント〉保険の原理・原則について、相互の関係を理解したうえでまとめる。情報の非対称性の問題として、逆選択とモラルハザードの概念を整理し、問題の背景をふまえて対策を検討する。課題は3つのパートからなるので、バランス良く記述することが大切である。


    保険の原理・原則は、社会的な保険と民間の保険では異なっている。ここでは、民間の保険制度の原理・原則と、モラルハザードや逆選択といった保険における情報の非対称性の問題について述べ、それらの解決策を考察する。
    民間の保険は、偶然な事故により被った経済的損失の回復を目的に掛けられる。火災による建物の焼失や、貿易船の海難事故のリスクであれば損害保険、交通事故による死傷等のリスクであれば生命保険というように、保険が多様な経済的損失を担保することで、事故が起きても正常な経済活動が行えるのである。
    保険の原則には、等価原則と大数の法則がある。等価原則と...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。