心理学的支援法(演習)評価Aレポート

閲覧数128
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    心理学的支援法(演習)評価Aレポート

    現代人の生活とカウンセリングについて考え、カウンセリングがどうあるべきか述べよ。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学的支援法(演習)評価Aレポート

    現代人の生活とカウンセリングについて考え、カウンセリングがどうあるべきか述べよ。

    Ⅰ.現代の社会状況
    現代の社会に大きな影響を及ぼしていることとして、新型コロナウィルス感染症とそれに伴う様々な社会的な変化が挙げられる。コロナウイルスは2020年1月に国内で最初の感染者が確認されて以降、急速に拡大した。感染拡大の防止のため、緊急事態宣言が発出され、外出自粛要請や飲食店等に対する休業要請が行われた時期もあった。繰り返し感染の波が訪れ、現在2022年12月の時点で7波となる。感染拡大期には、人の動きを止めたり、人と人との接触を極力減らす対策がとられ、他者とのコミュニケーションの在り方が根底から覆されるような状況となった。経済活動の多くを止める措置により、閉店に追いやられる店や仕事を失う人々、収入がいきなり減った人々もおり、2021年3月の完全失業率は2.6%、同月の有効求人倍率は1.1倍を示し、多くの人々が心理的なストレスを抱えたと推測される。
    家庭生活にも大きな影響が出た。テレワークの普及に伴う在宅勤務の増加や、学校の休校により、在宅時間が増加し、...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。