心理学概論評価B+レポート

閲覧数86
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    心理学概論 評価B+レポート

    「各発達段階の特徴について述べよ。」

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学概論 評価B+レポート

    「各発達段階の特徴について述べよ。」

    乳児期は誕生以後、1歳半から2歳くらいまでの期間である。乳児期の前期には中枢神経系が急速に発達し、その後大脳辺縁系、大脳も成熟する。全身の協調運動、クーイングやガーグリング、喃語から初語、一語文を経て、言葉を獲得していく。2ヶ月頃には親しい人の声を聞き分け、生後2、3ヶ月には社会的微笑が見られ、その後声をあげて笑うようになる。原始反射が脳機能の成熟に伴い消滅し、自分自身の意志で体を動かすようになる。6ヶ月頃には「いないいないばあ」で笑い、エントレインメントをするようになる。乳児期後期には、はいはいや一人歩き、座位や立位などもできるようになる。人の顔を好んでみる傾向があり、社会的参照行動も出てくる。1歳半頃になると、象徴機能が強くなり、ものまねなどをする。また周囲との関わりの中で、ターンテイキングを獲得する。1歳前後から指さしによる共同注視をする。
    エリクソンは乳児期の発達課題を信頼感の獲得としている。乳児期に子どもは親との関係を通じて「生まれてきた社会は安全で信頼できる」という感覚を持つことが大切である。基本的信頼...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。