健康・医療心理学評価Aレポート

閲覧数96
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    健康・医療心理学 評価Aレポートです。

    ストレス・トランスアクショナル・モデルの健康心理カウンセリングへの応用について述べよ。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    健康・医療心理学 評価Aレポート

    ストレス・トランスアクショナル・モデルの健康心理カウンセリングへの応用について述べよ。

    Ⅰ.ストレスとは
     現代社会はストレス社会と言われるように、私たちの日常生活の中は多くのストレスと密接している。一般的に「ストレス」という言葉で表現される状況は、ストレスを引き起こす刺激や出来事である「ストレッサー」と、ストレッサーを経験したときに心や身体に生じるネガティブな変化である「ストレス反応」に分けることができる。しかし、同じ刺激を受けたとしても、誰もが同じ反応をするわけではなく、ストレス反応を表出するか否かという点や、その表出の仕方や程度には大きな個人差がある。この個人差が生じる観点に多大な影響を与えたのが、ラザルスとフォルクマンが提唱したストレス・トランスアクショナル・モデルである。
    Ⅱ.ストレス・トランスアクショナル・モデルについて
     ラザルスとフォルクマンは、人間は実験室の猫やネズミのように、ストレッサーの影響を一方的に受けるのではなく、それを心の中で様々に捉えたり、もとの状況に自ら働きかけたりしながら、ストレッサーとの間で一連の処理や相互作用を...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。