教育・学校心理学【設題1】評価Aレポート

閲覧数63
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    教育・学校心理学【設題1】評価Aレポートです。

    子どもの「個人差」について述べよ。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育・学校心理学【設題1】評価Aレポート

    子どもの「個人差」について述べよ。

    Ⅰ.はじめに
    個人差とは、人間の心や身体の特性の差異で全ての人間が持つ。子どもも様々な影響を受け、異なる資質や特性を持つ。以下、個人差について様々な視点から考察する。
    Ⅱ.様々な視点
    (1) 発達
    発達は、胎児が成熟した個体に成長するまでの形態や行動の変化の過程である。一定の型に基づく連続的変化だが、その過程には個人差がある。発達の顕著な特徴を手がかりをまとまりとして捉え、段階に分けたものを発達段階という。次の段階へは長い移行期間を要し、その様子には個人差がある。
    ① ハヴィガーストの発達課題
    ハヴィガーストは、人間が健全で幸福な発達を遂げるべく学ぶべき課題があるとし、発達段階を6つ分け示した。乳・幼児期の課題は歩行の学習、話すこと等、児童期は日常の遊びに必要な身体的技能学習や、基礎的能力の発達等、成人期は友人との成熟した人間関係や、就職の選択と準備等がある。壮年期は配偶者の選択、家庭管理等、中年期は市民的・社会的責任の達成、経済力の確保と維持等、老年期は肉体的な力、健康の衰退への対応や、引退と収入の減少...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。