感情・人格心理学評価Aレポート

閲覧数93
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    感情・人格心理学 評価Aレポートです。

    「精神分析における人格理論について述べよ。」

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    感情・人格心理学 評価Aレポート

    精神分析における人格理論について述べよ。

    Ⅰ.はじめに
    精神分析は19世紀末にジグムント・フロイトが着想した学問である。以後100年以上の間、様々な心理療法家により受け継がれてきており、理論も変遷しながら発展している。以下では精神分析における人格理論について、心の発達、心的構造論、防衛機制論、コンプレックス論に分け述べていく。
    1.精神分析での心の発達
    精神分析での心の発達では、リビドー発達論がある。フロイトは粘膜部を本能的な快楽を追求する部位とし、その性的本能のもとに人を動かす精神エネルギーをリビドー呼んだ。リビドーの発達段階を口唇期、肛門期、男根期、潜伏期、性器期とした。
    口唇期は生後1歳半頃の時期である。養育者の保護に完全に依存し、乳を吸う活動を通じて口唇粘膜の快感を楽しむとされる。授乳者の母親との関係により、性格の基本となる安定感・無力感、人に対する信頼感を形成していく時期である。
    肛門期は生後8ヶ月から3、4歳頃を指す。この時期は肛門や尿道の括約筋が完成し、排泄のしつけ始まる。排泄物を体の内部から外部に出す感覚に快感を感じる。排泄訓練によ...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。