慶應通信 社会保障論レポート

閲覧数497
ダウンロード数4
履歴確認

    • ページ数 : 10ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    慶應通信経済学部の社会保障論のレポートです。
    *レポート作成の参考資料としてご使用ください
    *本レポートの使用が剽窃等の不正行為に該当しないよう取扱いには十分ご注意ください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会保障論レポート
    はじめに
     本稿は、設問に沿って、社会保障が誕生した理由、社会保険が社会保障の大半を占める理由、人々が社会保障に関して誤った信念を持つ理由について、指定キーワードを用いながら論じる。その後、社会保障が国民経済、民主主義で果たしている役割について考察する。
     それらの論旨を踏まえ、第1章で、社会保障が誕生した理由をはじめとした社会保障を巡る論考、第2章で社会保障が国民経済、民主主義で果たしている役割についての考察について、それぞれ述べる。

    第1章社会保障を巡る論考
    第1節社会保障とは
     社会保障とは、疾病や負傷、死亡、老齢、失業といった困窮の原因に対し、保険的方法または直接負担で経済保障を講じ、生活困窮に陥った者に対しては国家扶助によって最低限度を保障するセーフティーネットである。
     厚生労働省によれば、日本の社会保障制度は、①社会保険に基づく年金保険、医療保険、介護保険、雇用保険の諸制度(国民が病気、けが、出産、死亡、老齢、障害、失業など生活の困難をもたらすいろいろな事故に遭遇した場合に一定の給付を行い、その生活の安定を図ることを目的とした強制加入の保険制度)、②...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。