佛教大学 宗教学概論(2023年)

閲覧数223
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程での【宗教学概論】合格レポートです。

    設題 宗教の起源説の諸相を述べよ。

    参考文献 
    『宗教学概論』 管井大果著
    佛教大学 2022年

    リポート作成の助けになればと思います。

    丸写しは厳禁となります。
    本リポートの使用に係る責任は一切取ることができません。自己責任でお願い致します。
    誤変換などによる誤字・脱字がある場合がございます。ご容赦ください。

    タグ

    佛教大学佛教宗教起源説

    代表キーワード

    佛教大学宗教佛教

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    宗教学概論
    設題 宗教の起源説の諸相を述べよ。

    宗教の祖型
    宗教という文化がいかにして発生したかという問いは、ギリシャ・ローマの昔から今日に至るまで数多くの学説が提起されてきたが、宗教の起源をつきとめることはできなかった。その理由は、宗教の起源を事実として実証するために必要な資料を入手することができなかったからである。勿論、東南アジア、西南太平洋諸島、日本等に未開人の宗教または原始宗教の残存と思われる事実や神話、伝説が数多く残されているが、それらのものをそのまま宗教の起源の出来事とすることはできないため、世界宗教と共存し、重層信仰の現象を示しながら残存している。つまり宗教の起源を尋ねるために、原始人と現存の未開人の間に連続性があり、未開人と現代人の間にも連続性があるという仮説を立てることができる。その仮説は物事には一つの起源がある筈であるから、世界のすべての宗教は根源的に一つの起源から派生して、より複雑なものへと発達し、宗教はその起源の時から現代に至るまで人類が共通に連続してきた文化だという前提がある。

    以上のことから現存の未開社会を分析して、それを現代社会と比較すれば宗教の起源が...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。