佛教大学 国際政治学(2023年)

閲覧数180
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程での【国際政治学】合格レポートです。

    設題 国際政治学の理論(リアリズム・リベラリズム・マルクス主義・コンストラクティヴィズム)について説明しなさい。

    参考文献 
    国際政治学をつかむ 第3版 村田晃嗣ほか著

    リポート作成の助けになればと思います。

    丸写しは厳禁となります。
    本リポートの使用に係る責任は一切取ることができません。自己責任でお願い致します。
    誤変換などによる誤字・脱字がある場合がございます。ご容赦ください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際政治学
    はじめに
    国際政治における主要な理論としてリアリズム、リベアリズム、マルクス主義、コンストラクディヴィズムがある。本レポートではそれぞれの理論について説明していく。

    リアリズム
     リアリズムは国際政治の理論の中で最も古くから存在し、パワーを重視した理論である。リアリズムは古代ギリシャのトゥキディデス、中世イタリアのマキアヴェリに始まり、第二次世界大戦を契機に国際政治理論の支配的潮流となった考え方である。リアリズムでは国際政治における主体を国家としている。国家は国際政治において、他の国よりも大きな国益を追求する。そのためにパワーを行使して、相手国よりパワーが大きいと国益を勝ち取ることができる。しかし、国際政治では社会集団を統治する支配や統制がないため、諸国家間で起きた問題は国家間で解決するしかないという無政府状態であった。そのためパワーを急速に拡大する国家と同盟・提携をすることで生き残りを図る国家もあった。その中で、イギリスの国際政治学者のカーとアメリカの国際政治学者のモーゲンソーは諸国家間の勢力均衡が必要であると考えた。政治はつねにパワーをめぐる闘争であり、パワーが釣り合...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。