佛教大学 法律学概論(2023年)設題1

閲覧数151
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程での【法律学概論】合格レポートです。

    設題 選択的夫婦別姓導入と再婚禁止期間の廃止に対する賛否について、自身の見解をそれぞれ述べなさい。


    リポート作成の助けになればと思います。

    丸写しは厳禁となります。
    本リポートの使用に係る責任は一切取ることができません。自己責任でお願い致します。
    誤変換などによる誤字・脱字がある場合がございます。ご容赦ください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法律学概論
     選択的夫婦別姓導入と再婚禁止期間の廃止に対する賛否について、自身の見解をそれぞれ述べなさい。

     現在の家族制度の中には、憲法24条の観点からみて合理性が疑われるものが二つある。この二つの制度に対する賛否について、本レポートでは自身の見解を述べていく。
     一つ目が「夫婦同氏」である。戦後に民法改正が行われ、氏は「家の呼称」から「個人の呼称」へと変化した。現在の日本では民法750条により婚姻の際には氏の決定を夫婦間の選択に委ねているが、現状日本では、別姓を選択することは認められていない。しかし、同じ氏を名乗ることで、家族としての一体感が増すと考える人も少なくない。また、大多数の夫婦は夫の氏を選択し、「夫婦同氏」は日本社会に定着した。現在の日本では社会で女性が活躍する機会が増えている。それに伴い、氏の変更によって女性の実生活上の不便が意識されるようになり、夫婦同氏が社会問題化した。この規定が実質的平等に反するという議論や希望する夫婦だけには別姓を認めるべきという議論がみられるようになった。後者が選択的夫婦別姓論導入の議論である。
     平成27年12月16日の最高裁では民法750...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。