明星大学_英語科教育法4_1単位目合格レポート

閲覧数229
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    明星大学英語科教育法4、1単位目の合格レポートです。参考としてのご利用とし、丸写しはご遠慮ください。
    【課題】
    中学校英語科における評価の実際と留意点について、教科書の内容に沿って論述しなさい。なお、テストによる評価と観点別評価に触れること。話すこと(やりとり)の評価にも言及すること

    参考文献:行動志向の英語科教育の基礎と実践 教師は成長する、JACET教育問題研究会編(著者名)、三修社(出版社)

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学_英語科教育法4_1単位目合格レポート

    【課題】
    中学校英語科における評価の実際と留意点について、教科書の内容に沿って論述しなさい。なお、テストによる評価と観点別評価に触れること。話すこと(やりとり)の評価にも言及すること


    中学校英語科における評価は、テストによる評価と観点別評価の両方を含むことが一般的である。以下に評価の実際と留意点について論述する。

    テストによる評価は、学生の知識や理解度、応用能力を測るために使用される。この評価方法では、文法、語彙、読解、リスニング、ライティングなどの各領域での学習成果を評価するための問題が含まれる。テストの際には、評価基準や配点方法が明確に伝えられるようにすることが重要である。また、公平な評価を行うために、試験問題のバリエーションや難易度調整にも留意する必要がある。

    良いテストには以下の3つの条件がある。
    1.妥協性:テストは学習目標や教科内容を正確に評価する必要がある。例えば、授業計画や教科書の内容に合致する問題やタスクを含めることが、妥協性を高める要因である。つまり、妥当性のあるテストというのは、測定する受験者の特性に関して...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。