【2023年度】生徒指導・進路指導の理論及び方法 レポート

閲覧数204
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員330円 | 非会員396円

    資料紹介

    <レポート設題>
    学校教育において教育相談を行う場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかを取り上げ、自分が取得しようと考えている校種で行う場合を想定して説明してください。
     生徒指導、進路指導の理論に関する概観を述べた上で、不登校を想定した教育相談を行う場合の注意点を述べる。

    剽窃、丸写しはお止めください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生徒指導・進路指導の理論
    学校教育において教育相談を行う場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかを取り上げ、自分が取得しようと考えている校種で行う場合を想定して説明してください。

     生徒指導、進路指導の理論に関する概観を述べた上で、不登校を想定した教育相談を行う場合の注意点を述べる。

    1.生徒指導進路指導の理論
    (1)教科外教育とはなにか 
    教育の大きな目的は、「知的文化遺産の伝達」、すなわち知識と技能の習得、そして「人格の陶冶」、すなわち人格を完成させるという営みであると言われている。[1]学校では授業中心の教科だけで無く、教科以外の教育活動もおこなうことで、児童生徒たちの人間としての成長を促すことも重要である。この活動を「教科外教育」と定義されている。学習指導要領の総則でも、①生徒と教師、または生徒相互の人間関係の構築、②計画的、組織的な進路指導として、学校の教育活動全体につうじて、生き方を主体的に選択すること、③児童生徒の学校、学級でより良く適応し、現在から将来の生き方を考え行動できる能力、を育成することを明示されている。したがって教科教育と同じ...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。