同和(人権)教育レポート

閲覧数117
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員330円 | 非会員396円

    資料紹介

    <レポート設題>
    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。

    剽窃、丸写しはお止めください。

    タグ

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。

    <同和教育と戦後の同和教育史>
     同和教育とは同和問題を解決するための教育の営みであり、同和問題解決のための総合的な取り組みの1つである。1965年8月に出された「同和対策審議会答申」ではその前文で、同和問題は人類普遍の原理である人間の自由・平等に関する問題であり、日本国憲法によって保障された基本的人権の尊重に関わる課題である。この問題の早急な解決は国の責務であり、国民的課題であるとの立場から対策を探究した、との旨が述べられている。
     同答申の中で、同和地区の教育の状況は小学校・中学校いずれの場合も、成績はかなり悪く、大部分は中以下であり、進学者も少ない、という調査結果が出ている。ここには「部落差別」により就労の面で主要な生産関係(賃金のよい仕事)から排除されたため、「貧困」の状況に置かれたまま放置されてきたこと、居住の面でも「劣悪な環境」を余儀なくされてきたこと、その結果として子どもに十分な教育環境を与えることが出来ず「貧困」と「劣悪な環境」から抜...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。