八洲学園大学 図書館サービス概論 第2回課題【2023年度秋期】

閲覧数105
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    図書館サービス概論 第2回課題レポート【評価A】 最終成績は「優」でした。先生のコメントも載せています。 このまま提出はせず、参考資料として使ってください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    図書館サービス概論 第2回課題

    公共図書館の利用対象ごとのサービス(教科書9章にあたる部分)について現在行われているサービスの種類および内容を説明し、その中でも優先して充実させる必要のあるサービスが何と考えるか、自分なりの意見を述べよ。字数は、1600字~6000字とする。(テキスト方式)

    1.はじめに
     公共図書館の利用者は、児童から高齢者まで幅広い年齢層に渡っており、さまざまな理由で図書館へのアクセスが困難な利用者もいる。本レポートでは、公共図書館の利用対象ごとのサービスについて現在行われているサービスの種類および内容を説明した上で、優先して充実させる必要のあるサービスが何かを考察する。

    2.公共図書館の利用対象別サービスについて
    (1)児童サービス・・・乳児から小学生までを主に対象とし、その保護者や子どもに関わる仕事をしている大人にも該当する。2001年の「子どもの読書活動の推進に関する法律」の公布以降、子どもの読書に対する社会の関心は高く、図書館でもさまざまな取り組みがなされている。そのサービスは、絵本の読み聞かせや図書館員が本を覚えて話すストーリーテリング、あるテーマに...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。