心理学研究法 第3課題 第1設題(聖徳大学)

閲覧数205
ダウンロード数1
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    聖徳大学・通信教育「心理学研究法」第3課題第1設題
    「調査法、観察法、検査法、面接法のそれぞれの研究方法の概要、他の研究法と比較した際の長所と短所を説明しなさい。研究計画を立てる際に、どのように研究法を選択するべきかについても言及しなさい。」※評価B

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第3課題 第1設題

    心理学研究法における調査法、観察法、検査法、面接法について、各概要と、他の研究法と比較しながらメリット・デメリットについても述べる。
    第1に調査法は、調査票と呼ばれる質問を記載した紙を用意して行う。これを質問紙調査といい、対象者は用意された調査票に沿って回答し、調査員はその結果から特定の人や集団の意識、行動などを分析する。具体的な実施方法として、対象者を1カ所に集めて一斉に調査票に回答してもらう集合調査や、調査員が調査票に沿って直接質問し対象者から口頭で回答を聞く面接調査、郵送で調査票を配布・回収する郵送調査、インターネット上でデータを収集するWeb調査などがある。大規模...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。