【聖徳大学 2023年】学校・教育心理学Ⅰ 第1課題 評価A

閲覧数216
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    ②他職種連携でのチーム学校について概説し、チーム援助としての支援について論述してください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題第1設題

     本稿では、他職種連携でのチーム学校について概説し、チーム援助としての支援について述べる。学校では、いじめ、不登校、LGBT、非行、貧困、SNSトラブル、発達障害などの課題が増加している。1990年代からこれらの課題に対して、チームでの対応が試みられ、2015年に「チーム学校」という概念が文部科学省から提案された。この取り組みは、教員と専門能力スタッフが連携し、多様な課題の解決を図ることを目的として提唱された。チーム学校体制を構築するための具体的な改善ポイントとして、専門性を活かしたチーム体制の構築、学校のマネジメント機能の強化、教職員の能力向上と組織文化の見直す環境整備の3つが挙げられる。また、学校心理学では、子どもへの援助を心理教育サービスと呼んでいる。このサービスの担い手は、ボランティアやヘルパー、役割的ペルパー、複合的ヘルパー、専門的ヘルパーの4つが位置付けられている。そして学校外の専門家であるスクールカウンセラーは、学校教育的援助サービスの専門家として、アセスメントやカウンセリング等の義務を行う。そして、スクールソーシャルワーカーや巡回相談員などの専門家も...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。