【聖徳大学 2023年】司法犯罪心理学Ⅰ 第1課題 第3設題 評価S

閲覧数195
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    ドメスティックバイオレンス(DV)と児童虐待の関係について述べなさい。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題第3設題

    本稿では、ドメスティックバイオレンス(DV)と児童虐待の関係について述べる。
    まず1つ目に、ドメスティックバイオレンスと児童虐待が共通した要因で起こりうることを挙げる。家庭内で経済的に困窮している場合、保護者の日常生活のストレスが増大し、暴力や虐待の発生を助長する可能性が考えられる。具体例として、夫婦共に低賃金の仕事に従事しており、毎月の生活費に四苦八苦している家庭がいると仮定する。仕事のストレスと家計の逼迫から、虐待者が些細なことで怒り、被虐待者や子どもに対して手を上げることが考えられる。また、保護者がアルコールや薬物を使用している場合、親の判断力や理性を鈍らせ、子供への適切なケアや対応ができなくなることが考えられる。具体例として、保護者がストレス解消のために定期的にアルコールを過剰摂取している家庭があると仮定する。飲酒の影響で度々酩酊状態となり、小さな子どもの夜泣きや些細な行動に過剰反応し、被虐待者や子どもへの暴力につながる行為を行うことが考えられる。2つ目に、暴力の世代間連鎖が挙げられる。ドメスティックバイオレンスの状況下で生活する子供は、暴力が正当化される環...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。