【明星大学合格レポート】 初等国語科教育法 【2単位目】

閲覧数187
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学通信教育学部で一回目で合格できたレポートです。皆様のお役に立てれば幸いです。
    ファイル形式:Word
    文字数:2208字以内

    <課題>
    国語科教師の役割と国語教室経営について、 自分の考えをまとめましょう。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【明星大学合格レポート】 初等国語科教育法 【2単位目】
    『初等国語科指導法』長谷川清之(明星大学出版部)配本年度2011年度〜
    <課題>
    国語科教師の役割と国語教室経営について、自分の考えをまとめましょう。

    最初に、国語科教師の役割について述べる。
    小学校の場合、教師は国語以外にも全教科を担当する。そこで国語科教師について考える前に、小学校の教師について考察する必要がある。まず、小学校の教師には、3つの資質が求められる。
    1つ目が、子どもの成長や発達を理解し、教育的な愛情を持ち、小学校教育についての専門的知識や教養を備えた指導力。
    2つ目が、子どもが抱えている課題に取り組む資質能力。
    3つ目が、得意分野、より専門的、豊かな個性を持っていることである。
    国語科を担当する教師は、これらを備えた上に国語科教育の立場から学校教育に寄与することが求められる。なぜならば、国語教育は学校生活や教科学習全てに共通する要だからである。小学校の教育現場では、国語科教師は、専門的な立場からよりよい言語活動を整え、国語教育の推進役として影響を与えることが期待されている。
    今、国語教育が抱える喫緊の課題は...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。