【明星大学合格レポート】 初等音楽科教育法【2単位目】

閲覧数123
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学通信教育学部で一回目で合格できたレポートです。皆様のお役に立てれば幸いです。
    ファイル形式:Word
    文字数:2074字以内

    <課題>
    2年生に 『春がきた』 を指導する場面を想像してください。 歌の旋律はみんな既に知っているものとします。 15分の枠でどのような指導をするか、 具体的な言葉がけも入れて書いてください。 ただし、 お話はなるべく 少なく、実際に声を出して歌う時間を多くとる指導にしてください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【明星大学合格レポート】 初等音楽科教育法【2単位目】
    参考文献「初等音楽科教育法」阪井恵・右本真紀(明星大学出版部)配本年度2004年度~
    *2008年度以前の版は、書名が「ハートフルメッセージ(初等音楽科教育法)になっていますが、同じものです。
    <課題>
    2年生に『春がきた』を指導する場面を想像してください。歌の旋律はみんな既に知っているものとします。15分の枠でどのような指導をするか、具体的な言葉がけも入れて書いてください。ただし、お話はなるべく少なく、実際に声を出して歌う時間を多くとる指導にしてください。

    第二学年「春がきた」15分の学習指導案(略案)
    (1)本時の目標
    ①「春がきた」の曲の世界のイメージを掴む。
    ②頭声的発声を使うと歌いやすいことを知る。
    (2)本時の展開(15分)
    <「春がきた」の曲の世界のイメージを掴む。>
    ①「春がきた」をCDで聞かせ世界観をイメージさせる。
    ②自分で思い浮かんだイメージを発表させる。
    ③先生が考える「春がきた」の世界のイメージを伝える。宮崎駿監督のアニメ『となりのトトロ』で主人公の姉妹が「猫バス」に乗り、空を翔る場面がある。「春がきた...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。